生理前後のつらい腰痛、原因と予防方法について

月経時期の前後だけ、腰痛が出てしまうことはありませんか?

その症状は、もしかすると「プロスタグランジン」という物質が過剰に作られているからかもしれません。

プロスタグランジンは子宮内膜で作られ、月経の始まりとともに剥がれ落ちる内膜を排出するために、子宮を収縮させる役割をもっています。

子宮や骨盤周りが冷えていると、子宮や周りの血管を過剰に収縮させて血流が悪くなり、腰痛が起こってしまいます。

そして、血流が悪くなることで老廃物や疲労物質が身体にたまりやすくなり、さらに痛みのもとになることも…。

腰痛対策には、日頃から冷え対策やストレス解消を心掛けることがおすすめです。

本記事では、生理に伴う腰痛の原因と、腰痛の予防方法を詳しくお伝えします。

原因と自分に合った対策を知って、生理の時期でも快適に過ごせるようにしましょう!

生理の時の腰痛の原因とは?

生理の時に感じる腰痛には、大きく2つの原因が考えられます。

  • 生理中特有の物質「プロスタグランジン」が過剰に作られてしまうこと
  • 血行不良によって骨盤内の機能が低下し、経血の排出がうまくできないこと

ここでは、2つの理由を詳しく解説します。

プロスタグランジンが痛みの大きな原因

子宮内膜で作られるプロスタグランジンが過剰に作られ、より強く子宮の収縮を促すことで、仙骨付近の痛み、つまり腰痛を引き起こしています。

プロスタグランジンは頭痛の原因とも言われ、内膜が剥がれ落ちる際に子宮を収縮させ、経血の排出を促す物質です。

しかし、経血の排出がスムーズに行われていないと、プロスタグランジンがさらに作り出され、子宮をより激しく収縮させるため痛みを感じます。

子宮頸部や膣などから感じる痛みの神経は、仙骨を含む骨盤の一部を経由して脊椎につながっています。

そのため、この痛みが仙骨付近で起こることで、私たちは「腰痛」と認識しています。

血行不良も原因のひとつ

月経の最中は、骨盤内の周りの筋肉も収縮されるため、子宮周辺の血流も悪くなりがちです。

よって、骨盤周り、腰周りの血行不良が起こるので、腰痛を引き起こしやすくなっています。

特に下半身の冷えは、長時間のデスクワークや下着や洋服での締め付けが原因となり、骨盤周りの血行不良へつながります。すると、生理中の経血排出がスムーズに行われなかったり、腰回りに疲労物質や老廃物が溜まりやすい状況を作り出してしまい、痛みが発生しやすくなります。

しかし、生理の時に感じる「激しい痛み」を当たり前と思っていると、思わぬ病気を見過ごしてしまうこともあり、大変危険です。生理痛ではなく子宮内膜症などの病気である可能性も考えられますので、痛みが激しかったり薬を飲んでも症状が緩和されない場合は、専門の医師の診察を受けることをおすすめします。

では、生理中の腰痛を予防・改善する方法はあるのでしょうか?

次に、予防方法についても解説します。

腰痛を予防する方法

生理前から取り組める、生理中の腰痛予防法を5つご紹介します。

  1. 腰回りを温める
  2. 適度な運動で血流をよくする
  3. リラックスした時間を過ごす
  4. 睡眠の質を上げる
  5. 姿勢に気をつける

それでは、ひとつずつ詳しく解説していきます。

腰回りを温める

腰回りを温めることで、骨盤周りも合わせて血行を良くすることができます。

血行が良くなると、冷えも解消できて、プロスタグランジンの働きや経血の排出がスムーズになり、腰痛が和らぐことがあります。

湯船につかる、腰とお腹にカイロを貼る、腹巻をする、そして座っているときにはブランケットをかけるなど、いつもの行動にプラスするだけで温めることができます。

下着や衣類を着込む場合には、キツく締め付けるとかえって血行が悪くなりさらに冷えを招いてしまうので、気をつけてみてください。

適度な運動で血流をよくする

腰痛や生理中に体を動かすことはなかなか億劫に感じてしまうかもしれませんが、動ける程度の痛みであれば、散歩やストレッチ、軽いヨガなどをすると血流がよくなり、痛みが緩和することもあります。

気分転換にもなるので、痛みがひどくならない程度にできる範囲でおこなってみてください。

リラックスした時間を過ごす

生理中の腰痛はストレスの影響を受けやすいので、リラックスした時間を過ごすと良いでしょう。

大きなストレスは、ホルモンバランスを崩したり自律神経を乱したりと体の冷えを促してしまう可能性があります。

生理前から予定を詰め込みすぎないようにし、生理中にはリラックスした時間を持てるように意識してみてください。

睡眠の質を上げる

睡眠の質が上がるとホルモンの分泌コントロールが整い、精神面への悪影響を抑えることができます。

また、浅い眠りや睡眠不足などが生活リズムを乱してしまい、血流を阻害してしまうことがあります。

睡眠の質を上げるためには、

  • 起床時に日の光を浴びる
  • 適度な運動をする
  • 体に合う寝具を使う
  • 寝る直前のテレビ、パソコン、スマホを控える

などの方法がありますので、できることから始めてみてください。

姿勢に気をつける

特にオフィスワークをしていると、長時間同じ姿勢で仕事や作業をすることが多いのではないでしょうか?

長時間同じ姿勢でいると、血行が悪くなり冷えやすくなってしまいます。

1時間に1回は体勢を変えるように心掛けましょう。姿勢を変えるだけでなく、簡単なストレッチやトイレまで歩くなどの軽い運動も取り入れるとよりよいでしょう。

さいごに

今回は、生理が関係する腰痛の原因と、予防方法をご紹介しました。

痛みの物質「プロスタグランジン」が過剰に作られて子宮の収縮がより強くなることと、体の冷えが、腰痛と大きく関連しています。今回ご紹介した予防方法を、生理前や日頃から試してみることで効果を感じられるかもしれません。

つらい腰痛を抱えた憂鬱な日々ではなく、リラックスした穏やかな気持ちで過ごせるようにしましょう。

目次