ビタミンCでデリケートゾーンの黒ずみケアを。効果的な方法とは?

下着の摩擦や洗いすぎによって起こる、デリケートゾーンの黒ずみ。

黒ずみに悩んでいるものの、どうしたらいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。

実は、デリケートゾーンの黒ずみケアにはビタミンCが効果的なのです。

そこで今回は、ビタミンCで黒ずみをケアする方法をご紹介します。

効率的に摂取する方法もありますので、ぜひ最後までご覧ください。

デリケートゾーンの黒ずみの原因とは?

黒ずみの原因は、以下の通りです。

  • 下着による摩擦
  • トイレットペーパーによる刺激
  • おりものシートや生理用ナプキンによるかぶれ
  • デリケートゾーンの洗いすぎ
  • 脱毛や剃毛による炎症

日常における些細なことが原因になるので、日頃から注意しておく必要があります。

黒ずみケアにはビタミンCがおすすめ

デリケートゾーンの黒ずみケアには、ビタミンCの摂取がおすすめです。ビタミンCには抗酸化作用や活性酸素を除去するはたらきがあります。肌全体を健康に保つためにも必要な成分であるため、積極的に摂取しましょう。 

ビタミンCを多く含む食材とは?

ここからは、ビタミンCを多く含む食材をご紹介します。デリケートゾーンの黒ずみを防ぐためにも、ビタミンCを多く含む食材を詳しく知ってきましょう。 

ビタミンCを多く含む野菜

ビタミンCを多く含んでいる野菜としては、パプリカ・ブロッコリー・芽キャベツなどが挙げられます。特にパプリカの中でも赤パプリカには多くのビタミンCが含まれているので、迷った場合は赤パプリカを選ぶのがおすすめです。 

ビタミンCを多く含む果物

ビタミンCを多く含んでいる果物としては、アセロラ・グァバ・キウイフルーツなどが挙げられます。また、レモン・すだち・ゆずなどにも多く含まれています。果物はカットするだけで簡単に食べられるものが多いので、調理の手間が面倒と感じている方でも取り入れやすいです。 

ビタミンCを多く含むイモ類

ビタミンCは、じゃがいも・さつまいもなどのイモ類にも多く含まれています。特に新じゃがいもは、ビタミンCの含有量がイモ類の中で最も多いとも言われています。肌の黒ずみ予防はもちろんのこと、免疫力アップにもつながるので、積極的に摂取するのがおすすめです。

ビタミンCを多く含む飲み物

ビタミンCは、玉露入りのお茶青汁などに多く含まれています。飲み物なら簡単に摂取しやすいので、ビタミンCを手軽に摂取したい方は飲み物を活用するのがおすすめです。

なお、アセロラジュースグレープフルーツジュースなどにも多くのビタミンCが含まれています。ただし、ジュースには果糖が含まれており、飲み過ぎると肥満につながる可能性があるので注意しましょう。 

ビタミンCを効率的に摂取する方法

ビタミンCを効率的に摂取する方法は、主に以下の4つです。

  • 新鮮なうちに調理して食べる
  • 一度にではなくこまめに摂取する
  • 和え物やおひたしにする
  • スープにする

1つずつ紹介していくので、デリケートゾーンの黒ずみで悩んでいる方はぜひ参考にしてください。 

新鮮なうちに調理して食べる

ビタミンCを効率的に摂取したいなら、新鮮なうちに調理して食べるのがおすすめです。ビタミンCは水に溶けやすく、熱に弱い性質をしています。そのため、ビタミンCを無駄なく摂取したい場合はサラダやスムージーにするのが効果的です。 

一度にではなくこまめに摂取する

ビタミンCは、一度にではなくこまめに摂取するのがポイント。身体に蓄えておくのが難しい栄養素であり、一度に摂取してもその大半がすぐに体外へと排出されてしまうので、毎食に少しずつ取り入れるようにしましょう。 

和え物やおひたしにする

「加熱したら栄養素がなくなってしまうのでは…」と不安に思う方も多いですが、実は加熱時間が1分前後であればさほどビタミンCは失われません。和え物やおひたしにするとカサが減り効率的に摂取しやすくなるので、ぜひ参考にしてみてください。

スープにする

ビタミンCを効率的に摂取したいなら、スープにするのも1つの方法です。スープにすれば、溶けだしたビタミンCもまとめて摂取できます。温かいスープには、内臓のはたらきをよくする効果やリラックス効果もあるので、身体の冷えで悩んでいる方も実践してみてください。 

まとめ

今回は、ビタミンCによるデリケートゾーンの黒ずみケアについて紹介しました。ビタミンCは黒ずみケアはもちろんのこと、免疫力アップにも効果が期待できます。黒ずみが気になっている方は、今回ご紹介した内容を参考にしてみてください。

デリケートゾーンの黒ずみに

<薬用美白クリーム 40g>

デリケートゾーンに適した安心安全な処方を追求し、効果と低刺激性の両立を叶えました。有効成分であるアルブチン、トラネキサム酸を有効量しっかりと配合。厚生労働省の認可を取得している、医薬部外品です。

目次